2022年10月 BIZREPO新着

―――――――――――――――――――――――――
▶︎︎中小企業の「地方創生」推進は可能なのか?
―――――――――――――――――――――――――

コロナ禍でリモートワークが普及し、ビジネスパーソンの地方移住が現実のものとなっている。この動きは「地方創生」にもつながる。地方創生は、行政主導ではなく、地元企業との協業推進が本来のスタイルではないか…。それには、次の3つの取り組みが必要である。地方創生は、行政主導ではなく、地元企業との協業推進が本来のスタイルではないか…。それには、次の3つの取り組みが必要である。

 「社会貢献」
 「ボランティア活動」
 「働き方の改革」

 地元で活動し根付いた「中小企業だからこそできる地方創生」を考察してみよう。

◇なぜ、地元の企業が地方創生を推進するのか

 ・地方創生の理念は「街・人・仕事の創生に関する総合戦略」であり、次の4項目が基盤になる。
 ①地方に仕事をつくり、安心して働けるようにする
 ②地方へ新しい人の流れをつくる
 ③若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる
 ④時代にあった地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する
 
◇地方を再生する目的を明確にする

 ・「利益+社会貢献」
 
◇中小企業における社会貢献の必要性

 ・ボランティア活動
  それは地域社会との「共存共栄」にあると思われる。
 ・企業ボランティアの実態
  ボランティア活動がスムーズに企業に浸透しているかと言えば「ノー」と言わざるを得ない。

◇地方創生に求められる中小企業の変革

 3つのキーワードが存在している。
 ・「働き方の多様性(ダイバーシティ)
 ・「女性が働きやすい環境」
 ・「従業員満足の向上」

◇行政と地元企業の協業で地方創生を成す

◇まとめ



編集:中小企業経営研究会